イソフラボン配合

コエンザイムQ10の摂取量は

私たち人間の生命活動にとって欠かせない、細胞が動くためのエネルギーを作りだすために重要なはたらきを担っているコエンザイムQ10には、高い抗酸化作用もあるとされています。
そのため、サプリメントなど多くの栄養食品が流通しています。
1日の摂取量はどの程度が適正なのでしょうか。

コエンザイムQ10は人間の体内にある細胞の器官のひとつである、ミトコンドリアに含まれている補酵素と呼ばれる物質です。
補酵素は、たんぱく質から作られるアポ酵素と呼ばれる物質とくっつくことで、ホロ酵素と呼ばれる物質になり、代謝を行います。
ほとんどのアポ酵素は、単独では代謝のはたらきをすることができないため、補酵素の存在はとても重要なものなのです。

細胞が代謝活動を活発にすることで、人間が身体を動かしたり呼吸したりする生命活動の元となっていきます。
またコエンザイムQ10には優れた抗酸化作用があることが知られてきていることから、肌のしわを防止したり、ハリを取り戻すアンチエイジングの栄養素としても注目されています。

コエンザイムQ10は、人間の体内でも作りだすことができますが、20歳代のピークを境にして加齢とともにどんどん減少していきます。
40代や50代になるとピーク時と比べると3割ほど、80代になると半数以上が失われていくと言われています。
魚や肉、アーモンドなどの脂溶性の食品から摂取できます。
しかし、十分な量のコエンザイムQ10を摂取するためには、非常に多くの量を食べる必要があります。
そのためサプリメントなどから効率的に摂取することがすすめられています。

コエンザイムQ10の理想とされる摂取量http://kalaacademygoa.org/standard.htmlはそれぞれの年齢や健康状態によって異なるため、はっきりした数値化はされていませんが、1日に約50mgから100mgほどだとされています。
脂溶性のため、食事と一緒に摂取するのが好ましいとされています。
また、スポーツを積極的に行っている方は、少し多めに摂取することをおすすめいたします。