イソフラボン配合

高麗人参とコエンザイムQ10

補酵素の一種であるコエンザイムQ10は魚や肉などの食品http://www.okuribito.jp/syokuhinn.htmlなどに含まれている他にも、サプリメントなどの栄養食品からも摂取することができます。
韓国や中国で漢方薬として古くから用いられている、高麗人参と一緒に配合されている栄養食品もあります。
一緒に摂取することでどのような効果があるのでしょうか。

朝鮮人参は別名オタネニンジンという名前を持つ植物です。ニンジンという名前が付いていますが、一般的に想像される赤い人参とは違って、ウコギ科という分類の植物です。
朝鮮半島や中国の東北部やロシアなどの比較的寒く、乾燥している地域に自生している多年草です。
緑色の葉っぱを持ち、夏に赤い小さな花を付け、何年もかけて白い根を大きくしていきます。
この根の部分が何千年もの昔から、漢方薬に用いられていて、万能の霊薬とも呼ばれているほど貴重な薬でした。
現在でも根の部分をお酒に漬けた人参酒にしたり、お茶として飲まれていたり、また細かく刻んでひな鳥にもち米を詰めてスープにしたサムゲタン、料理などでも使われています。

朝鮮人参はその効果が日本にも古くから伝えられており、滋養強壮の貴重な薬として用いられていました。
奈良の正倉院に収納されていることでも知られています。
根の部分にはサポニンと呼ばれる物質が多く含まれており、消化を助けたり疲労を回復したり、滋養を付ける効果があると言われています。

細胞の中に存在し、細胞を動かすエネルギーを生み出すはたらきをする補酵素である、コエンザイムQ10はサプリメントなどで摂取することができます。

コエンザイムQ10はエネルギーを生み出す以外にも抗酸化の作用、つまりアンチエイジングのはたらきがあるとされています。
コエンザイムQ10単体ではなく、疲労を回復したり活力を高める効果がある朝鮮人参のエキスと一緒に配合されたサプリメントを一緒に摂取することによって、さらに身体にとって良い効果を得ることができるとされています。