イソフラボン配合

コエンザイムQ10は20歳から低下?

コエンザイムQ10は補酵素という消化を助ける物質と、ペアになってはたらく物質のひとつで、ビタミンQともユビキノンとも呼ばれています。
コエンザイムQ10は身体の中でも生成される物質ですが、20歳ごろを境としてどんどん保有されている量が低下してくると言われています。
どのくらいの量が減少するのでしょうか。

コエンザイムQ10は補酵素という消化を助ける酵素と、ペアになってはたらく物質です。
60兆個とも言われている人間の細胞を形づくっている、ミトコンドリアというとても小さな器官の中に含まれています。

私たちが普段食べている食べ物や飲み物は胃や腸で消化され、細かくなった状態で吸収されます。
そして血液に乗って、体中にくまなく通っている血管を通ってそれぞれの細胞に取り込まれていきます。
細胞に取り込まれた糖や脂肪などの栄養素は、ミトコンドリアの中で正式名はアデノシン三リン酸、略してATPという物質に分解されます。
ATP分解酵素という酵素と、コエンザイムQ10という補酵素がはたらくことによって、ATPがつくられます。
このATPは細胞がはたらくために必要な動力源となります。
つまり人間が身体を動かしたり、呼吸をしたり考えたりといった生命活動を行い、維持していくためにはコエンザイムQ10は欠かすことができない物質なのです。

コエンザイムQ10は、人間の体内で作りだすことができる物質です。
しかし年齢とともに少しずつ量が低下していくと言われています。
研究によるとピークの時期は20歳ごろで、40歳代になると6割ほどに減少しさらに80歳代になるとピーク時の4割ほどの量になっていきます。

コエンザイムQ10は、魚や肉などの食品に含まれていますので、多く含まれている食品を選ぶことで摂取http://www.marswest.org/syo.htmlすることもできますが、失われてしまった分を補うためには、非常に多くの量を食べないといけません。
そのため日ごろの食事とともに、効率的に摂取できるサプリメントなどの栄養食品を併用することによって、エネルギーを生み出す力を生み出すことにつながります。